VOICE OF PLEASURE

成婚者の喜びの声 / No,215会社員編

ハッピーカムカムでは、成婚された方に「成婚アンケート」を書いていただいております。
ここでは、成婚アンケートを書いていただき、掲載しても良いとおっしゃっていただいた会員様をご紹介させていただきます。

成婚者
アンケート

N さん40代(会社員)& I さん30代(会社員)

  1. 結婚相談所を利用したいと思ったきっかけは何ですか?

    Nさん: 婚活パーティー等を通じた婚活ではなかなか交際が長続きせず、信頼の置ける仲介者によるサポートが必要と感じたため。

  2. ハッピーカムカムを選ぶ前にご検討した相談所等はありますか?

    Nさん: Z社など。

  3. ハッピーカムカムを選んでいただいた決め手は何でしょうか?

    Nさん: ネットの口コミで、カウンセラーによるきめ細かいサポートとアドバイスがあるとして評価が高かったため。

  4. 相談所を掛け持ちでご活動していましたか?

    Nさん: 特になし。

  5. ハッピーカムカムは、ほかの相談所と違って、どんなイメージ、もしくは、ハッピーカムカムならではの部分があれば、お教えください。

    Nさん: 他の相談所はわかりませんが、色々とアドバイスをもらえるのは有り難く、長電話になっても私が腹落ちするまで真剣に向き合って対応してくれました。
    ただ、これはIBJ全体に言えるのですが、交際相手の感触や受け止めを適時的確に把握することが難しいなか、憶測に基づくアドバイスとなるため、不安が解消されないときがあります。
    どうしても相手の心理を確認しないと次の行動を決められないときは、個別にその旨を伝えれば直ぐに動いてくれました。

  6. 今の旦那様(奥様)と出会えるまで、お見合いは何回されましたか?

    Nさん: 数え切れません。50回以上は行いました。

  7. 結婚を意識されるまでに所要したお時間は?又、きっかけは?

    Nさん: 結婚を意識したのはこの時から、という決定的な要素はありません。
    もちろん、真剣交際に移ってからは、結婚後のことをイメージしながら接していました。
    二人でよく街の散策や散歩をしていて、その中で、この人といると落ち着くな、一緒になりたいな、という感覚はありました。

  8. プロポーズの言葉とシチュエーションを教えてください。

    Nさん: 相手の好きなところを述べたうえで、僕も一生貴女を支えていきたいので結婚してください、と伝えました。
    場所は丸の内の夜景が見えるレストランで、コース料理を予約しておき、デザートが出るタイミングで花を一緒に持ってきてもらい、その流れでプロポーズを行いました。

  9. 将来どのような家庭を築いていきたいですか?又、そのために努力していきたいことがあれば、教えてください。

    Nさん: パートナーは互いのプライベートを尊重したいと言っており、その点は特に気にならず、互いの都合や気分が合えば、ちょっとした小旅行をして、先々の景色や文化を一緒に楽しめたらと思います。
    気遣いを受けた時に「ありがとう」を言い忘れたことを指摘されたので、これからは常に相手への感謝と思いやりの心を忘れないようにしようと改めて思いました。

  10. あなたにとって婚活はどのような時期でしたか?

    Nさん: 3年半の長期に亘り、終わりが見えず、試練と忍耐の連続でした。
    交際が成立しても、2~3回会って交際終了を告げられることばかりで、何とか真剣交際に進んでも、プロポーズして断られたこともあり、あまりの過酷な環境に心が折れそうになりました。
    相談所を介しているからといって相手の心理がわかるのでもなく、相談所が積極的に相手への働きかけをしてくれるのでもなく、結局は本人同士の自主性に委ねられ、駆け引きや探り合いになるのがとても疲れました。

  11. これから当社にご入会される方へのメッセージを一言お願いします。

    Nさん: 私の場合、沢山お見合いして、多くの人に会う事を心掛けました。
    最初から上手くいくとは限らず、その点は割り切って、自分にはどういうタイプの人が合うのかをよく考え、気張らず素の自分を出せるか、相手はそれを受け入れてくれるか、自分に関心を持ってくれているか、将来のイメージが湧きやすいか、といったポイントを押さえて行動すれば、必ず最良のパートナーに巡り会えると思います。

担当アドバイザー文元

担当アドバイザー
文元

アドバイザーからのコメント

N様は、幾度となく困難にぶつかりました。
ご活動を始めて1年間は、ご条件が良いのでお見合いは決まやすいのですが、なかなか交際に繋がらず、仮交際に進んでも3回目のデートの壁と突破できないことが何度もありました。
何度も面談を重ねて、女性のお話しの広げ方、傾聴、興味を持つポイント、N様の話し方のクセ(話すときに、ペロッと唇を舐めてしまう癖)、お洋服について・・・
様々な要因をクリアしていくことでデートの回数を伸ばしていけるようになりました。
次に、N様の好きになれる女性のタイプと、結婚できる女性のタイプが違ったことで、「本当の意中の女性とは真剣交際に入れない」という問題に直面をしました。
2年目〜3年目は理想を追い求めるかどうかを非常に悩みながら活動をなさっていました。
そんな時、両相談所の後押しもあり真剣交際に進むことができましたが、女性様の心を最後までうごかせなかったこと、結婚への覚悟は少なかったこと、マリッジブルーなどが重なり、交際8ヶ月目に交際終了・・・という、つらい出来事がありました。
大変つらい時期がありましたが、その出来事から、「自分を好きになってくれる人のこと大切にしよう」という風に、意識が切り替わったように思います。
最後はすんなりと真剣交際には入り、デートも順調に進み、両親への挨拶もプロポーズもトントン拍子でうまくいきました。
不思議と「本当にご縁のある方はこんな風にうまく行くのだな」と私まで感じました。
その間も両親と対面の際の注意事項や、真剣交際やプロポーズのタイミングなどにはサポートさせていただき、何度も電話で密に交際状況を共有いただきました。
些細なことでも担当カウンセラーに話して、第3者の意見を入れながら冷静に段階を踏むことで、より最短ルートを進めのだと思います。

N様はエリートで人生の中でも失敗をしてきたことは数少なく、始めて婚活で躓いたと仰っていました。
つらい時間だったと思いますが、N様の中で、新しい発見や試練と成長、かけがえのない一生のパートナー、たくさん得ることができた時間であってたと思っていただけたら嬉しいです。
心からお幸せであるとこと願っています。

他の成婚者の声

成婚アンケートを書いていただき、掲載しても良いとおっしゃっていただいた会員様をご紹介させていただきます。

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.